IT関連情報 3月21日

3月21日(火曜日)のIT関連情報です。(21時14分更新)

最新情報   トップページ

千葉銀行、自社スマホアプリに「銀行API」を用いた口座照会機能を実装

千葉銀行のスマホアプリに、「銀行API」を利用した新機能が実装された。クラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」を用い、銀行APIと連携する。自社アプリ開発のクラウドサービスを活用した銀行API連携はFinTech業界で初の取り組みだという。



マイクロソフト、Azure Linux VM向け「インスタントファイルリカバリー」機能を公開

Azure Linux VM向けにも、バックアップから瞬時にリカバリーできる「インスタントファイルリカバリー機能」が実装された。



NEC、超大容量光ネットワークの堅牢性向上を実現する「次世代光ノード技術」を開発

NECが光信号の到達経路拡大と通信容量の増加を両立できる次世代の光ノード技術を開発した。「1チャネル当たり400Gbpsクラス」の通信に耐え、伝送距離1.5倍、通信容量25%増加を実現するという。



PR: Dockerが日本で流行らない理由、あるいは本番環境へ導入されない理由

2013年3月に登場し、あっという間に多くのシステムで採用されるようになったオープンソースのコンテナ技術「Docker」。同じように、ITシステムの在り方に大きな影響を与えた「仮想化」「クラウド」といった技術と比べ、何が違うのか。そして、どのように向き合えば、より多くのメリットを得られるのだろうか。2017年2月27日に開催された@IT主催セミナーの模様から探っていこう。



PR: 「Oracle Exadata+マルチテナント」でデータベース集約/運用の効率がさらに向上 パナソニックISが基幹データベース統合で証明

「Oracle Exadata」による全社データベース基盤の統合を進めるパナソニック インフォメーションシステムズは、Oracle Database 12cのマルチテナント機能を活用することで、データベース集約や運用管理の効率をさらに高めることに成功した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System]



どれだけ注意喚起しても「パスワードの安全な管理」が普及しないのはなぜなのか

セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第43回は「パスワード」を切り口に、認証をめぐる最新動向について議論します。



.NET Portability Analyzer

.NET Portability Analyzerは、さまざまなプラットフォームをまたいだ.NETプログラムの移植性をチェックするためのツール。



第541話 昭和は遠くなりにけり

【アイコン】 アプリケーションや機能などを、それぞれひと目見れば何か分かるようにした小さなシンボル



Sensuを支えるミドルウェア「Redis」と「RabbitMQ」の環境を構築する

新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説する本連載。今回はSensuで必要となるミドルウェア「Redis」と「RabbitMQ」について、その概要と構築手順を解説します。



Hadoopで処理を実装してみる──Hadoop Streamingでの処理、script-runner.jarの使い方

実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は、「MapperやReducerから特定のファイルを参照」「Hadoop Streamingでの処理」「script-runner.jarの使い方」など、Hadoopで処理を実装する初歩の手順を解説します。



マイクロソフト、NoSQLデータベース「Azure DocumentDB」のSQL文法を強化、集計関数をサポート

マイクロソフトがNoSQLデータベース「Azure DocumentDB」のSQL文法を拡張する機能強化を実施。任意の規模のデータに対して集計クエリを実行可能とする集計関数をサポートした。



国内企業向けストレージ市場、オールフラッシュ製品が大きく伸長 前年比84%増 IDC調査

IDC Japanが発表した国内企業向けストレージシステム市場規模は、2016年通年で前年同期比8.9%減となる1830億5000万円だった。ただしオールフラッシュカテゴリーは活況で、前年比84.3%と大きく伸長した。



DockerとCoreOS、コンテナランタイムをCNCFに寄贈へ

DockerとCoreOSは2017年3月15日(米国時間)、それぞれのコンテナランタイムをCloud Native Computing Foundation(CNCF)へ寄贈するためのプロセスを進めていることを明らかにした。



Windows Updateへの愚痴――Patch Tuesday、恐怖のトラブル集

2017年2月の「Patch Tuesday」のWindows Updateはマイクロソフト側の問題でスキップされましたが、3月は予定通りに行われました。皆さんのコンピュータは無事に、そして、すんなり更新できたでしょうか。



Visual Studio Previewとは?

Visual Studio 2017の製品版のリリースと同時に始まった「Visual Studio Preview」と呼ばれる早期アクセスプログラムとはどういうものなのだろう。



開発環境は128重ネストのコードで破壊できる

繁忙期は128重未満のネスト、閑散期は64重未満のネストで合意しました。



whereisコマンド――コマンド本体と関連ファイルを検索する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「whereis」コマンドです。



シャドーITを企業として最大限に活用するには

シャドーITは多くの企業ですっかり定着した。IT部門が社内ITの全権を握ろうとするのではなく、信頼されるコンサルタントになるための4つのコツをお届けする。



米Google SREディレクターに聞く、運用管理の意義、価値、役割

デジタルビジネスの競争が激化し、システム開発・運用の在り方がビジネスの成果に直結する状況となっている。こうした中で、運用管理者の役割も「担当システムの安定運用」から大きく変わりつつある。今回は、Googleの巨大なサービス群とインフラを支えているSRE――Site Reliability Engineer(サイト信頼性エンジニア)に、今、運用管理者が持つべき視点、マインドを探ってみた。



Windows 10のシステムフォントを変更する

Windows 10でシステムフォントを変更する方法を紹介する。標準ではシステムフォントの変更はできないので、フリーソフトウェアを活用しよう。ツールの使い方などの解説を追加して記事を更新した。



マイクロソフト、Slack対抗「Microsoft Teams」を正式リリース

マイクロソフトがチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」の一般提供を開始した。



エンバカデロ、「RAD Studio 10.2 Tokyo」を発表 Linuxサーバサイドアプリ開発を可能に

エンバカデロ・テクノロジーズは、統合開発環境の新バージョン「RAD Studio 10.2 Tokyo」を2017年3月28日に出荷開始する。WindowsとLinuxで、サーバサイドアプリケーションのクロス開発を可能にした。



ティーマックスソフトと日立システムズ、Oracle互換「Tibero DBMS」の販売で協業

日本ティーマックスソフトと日立システムズが、RDBMS「Tibero」の販売で協業する。中堅中小企業に向けて、コスト削減を意識した既存データベースのリプレースを促す。



PR: 国際規格「FIDO(ファイド)」準拠のオンライン生体認証サービスで世の中はここまで変わる

オンラインサービスが増加する現在、あまたのIDとパスワードに悩むユーザーに対して、サービス提供者はどうすれば新たな価値を提供できるのか。1つの解を提示するFIDOというオンライン認証規格や、それを実装するオンライン生体認証サービスの可能性について、標準化団体に参画する富士通の担当者に話を聞いた。



PR: リコーが次期統合IT基盤の1つにOracle Exadataを採用 保守コストを2割削減し、バッチ処理は27倍高速化

リコーは先頃、セントラルウェアハウスや業績管理などの3システムを「Oracle Exadata」に移行した。パブリッククラウドやマルチテナントなどオラクルの最新テクノロジーも活用したデータベース移行により、同社は保守コストの大幅削減や性能向上など多くの成果を得たという。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System]



暗号化ファイルシステムEFSを読み出すために証明書をエクスポート/インポートする

暗号化ファイルシステムEFSで暗号化したファイルを他のPCで読み出すためには、暗号化に使用した証明書と秘密鍵の情報も必要となる。それらの情報をエクスポート/インポートする方法を紹介する。



「脆弱性情報」をどう扱うか――見つける人、流通させる人、対処する人、それぞれの視点

連日公表されるソフトウェアなどの脆弱(ぜいじゃく)性情報。2016年12月1日に行われた「Internet Week 2016」では、「脆弱性情報と賢く付き合う〜発見から対策までの最前線〜」と題したプログラムが開催された。



whichコマンド――実行コマンドのフルパスを表示する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「which」コマンドです。



FTPサーバーを使ってみよう

本連載は、Linuxサーバーに初めて触れる人、基本から学習したい人に向けて、「CentOS 7」をベースにLinuxサーバーの基礎を解説していきます。前回は、CentOSに標準で用意されているFTPサーバー「vsftpd」のインストールまでを説明しました。今回は、FTPサーバーの起動とクライアントソフトウェアの使い方を見ていきます。



KDDIとアクセンチュア、データアナリティクスの活用推進に向けた合弁会社を設立

KDDIとアクセンチュアが、データアナリティクスの活用推進に向けた合弁会社「ARISE analytics」を設立。通信やEコマース、IoTなどの領域で、AIを活用したアナリティクス技術を開発し、KDDIグループ向けサービス品質のさらなる向上を図る。




最新情報   トップページ